HOTEL
HOTEL
ホテル

うぶすなの郷 TOMIMOTOには
「日新」と「竹林月夜」の二つの客室があります。
「日新」では富本憲吉が愛用した書斎をそのままに残し、
「竹林月夜」からの眺めは、彼がバーナード・リーチとみた
月夜に照らされる美しい竹林をイメージしております。

富本が愛した空間で、ゆったりと流れる時間を感じていただけます。

客室「日新」

日新_和室

日新_洋室

日新_浴室


世界的な医学者で、富本の親友の今村荒男も安堵の出身でした。芸術と医療というそれぞれの分野で、「日本を新たに」という思いで「日新」のテーマで共同の書画を残しています。同郷の二人は、富本憲吉が過ごしたこの和室で、日本の新しい未来について語り合ったかもしれません。奥の洋室は日新に合うモダンスタイルの部屋です。日本庭園を眺められる陶板風呂もご用意いたしました。

ツイン+和室(2~4名)63㎡ 半露天風呂付き

日新_図面

客室「竹林月夜」

竹林月夜_リビング

竹林月夜_2F和室

竹林月夜_浴室


異国で出会った友人バーナード・リーチは、しばしば安堵で作陶中の富本を訪ねました。そんな折、二人の語らいをやさしく包んだのは、月夜に照らされる美しい竹林でした。蔵をリノベーションしたメゾネット式の客室は、ツイン、セミダブル、和室の部屋をご用意しております。リビングから見える風景は二人がみた「竹林月夜」をイメージしております。また、石灯篭のある坪庭が見える石風呂で、静かな時間を過ごすことができます。

ツイン+セミダブル+和室(2~8名)139㎡ 半露天風呂付き

竹林月夜_図面